ニキビ治療を受けて綺麗なお肌を取り戻しましょう!

ニキビ化粧水 → 医療機関で治療するニキビ

医療機関で治療するニキビ

ニキビの状態がひどくなってしまった場合、出来るだけニキビ痕も残さずに、綺麗な肌へと回復させる為にも皮膚科を受診して、専門家の治療を受ける事をおすすめします。病院などの医療機関で、ニキビ治療をする際は、様々な方法があるのですがその中でも、最短で効果的とされている“ピーリング”と呼ばれる施術があります。

ピーリングと言うのは、皮をむくと言う意味合いを持ちます。皮脂の排出を妨げる、ニキビの原因の角栓を除去すると言う方法です。要は、古い角質を取り除くと言う訳ですね。

ピーリングは、自宅でも専用の石鹸などで行う事が出来るのですが病院でピーリング治療をする際は、酸性の液体を使用して、古くなった角質を除去していきます。ピーリングは、数種類の薬品が配合されているもので、その中には、フルーツ酸の仲間である、グリコール酸や天然乳酸が、日本人の肌質に合うとされているので定番として使用されているそうです。

ですが、敏感肌の人など、刺激に弱い肌質の人には不向きなので、予め肌質をチェックしておく方が無難でしょう。ピーリングのあとは、レーザー治療を併用する事で、より効果的とされています。

ニキビにレーザーを照射し、わずかな小さい穴をあける事で角栓と皮脂を、医療機器で排出させるのです。 このレーザーには、殺菌作用もあり、ニキビに穴をあけ、空気を入れる事で空気を嫌うニキビ菌の働きを抑制する効果もあります。そうする事で、ニキビ痕を残さずに治療が出来ると言う仕組みです。

ケミカルピーリングのあとは、たっぷりと水分を含んだ角栓が、取り出しやすい状態になっています。ですから、この方法も効果的と言えます。その他の治療法として、サーマクールやポラリス、ヒアルロン注射、コラーゲンの注入など中にはあまり聞きなれない施術法もありますが、これらも有効な方法です。

また、病院では、人それぞれの症状に見合った薬を、適切に処方してもらいます。化膿しているニキビには、抗生物質の服用と一緒に、皮脂を抑制し、ニキビが出来にくい環境を作る為にビタミンB2、B6、Cの服用もする事になるかと思います。

病院によって治療方針も異なり、内容によっては保険適用される場合、されない場合などもあったりするので医師に相談して意見を聞きながら、自分に合う治療法を探してみて下さい。